MENU

セロトニンを増やすサプリ!薬に頼らなくてもOK!

セロトニンを増やす食べ物や薬、サプリなどを紹介しています。
ぜひ参考にしてみてください。

 

セロトニンって何?不足するとどうなる?

セロトニンは、神経系の化学伝達物質で、不足すると、心身症などの基盤にある不安や抗うつ、焦り、恐怖、または、睡眠障害などの精神症状に陥ります。

 

なので、セロトニンを摂取すると、そういった症状を改善することもできます。

 

これまでのジアゼパムなどのベンゾジアゼピン系製剤と比べて薬物依存性や眠気、ふらつきなどの副作用が少ないといった特長があります。

 

このようにセロトニンは、優れた効能がありますが、発疹などのアルレギー症状が起こることがあります。

 

また、眠気やふらつき、頭痛、不眠、目のかすみ、肝機能障害、動悸、頻脈、口の渇き、腹部の不快感、胃の痛み、便秘、下痢、多汗、倦怠感、脱力感、手足のしびれ、発熱、意識障害などの症状が現れることがあります。

 

セロトニンを増やす食べ物

体内で作られるホルモンのひとつであるセロトニンは、私達の心身の健康に欠かせない、大切な神経伝達物質です。

 

セロトニンが増えると、心も体も健康にしてくれるため、別名「幸せホルモン」とも言われていて、運動や日光を浴びると増えます。

 

そして、セロトニンは、脳内で生成される際の材料となる物質のトリプトファンを含む食べ物を摂取することにより、増やすことができます。

 

肉類や魚の他、ナッツ、バナナ、チョコレート、卵、乳製品、大豆製品などの食べ物がそうです。

 

普段からよく口にする食べ物ばかりなので、バランスの良い食事を心がけていれば、不足するおそれはないでしょう。

 

一日三食バランスよく食べて、適度な運動を心がけていれば、自然と幸せホルモン・セロトニンが分泌されますよ。

 

セロトニンを増やす薬

セロトニンは、人体で生成されるホルモンのひとつで、健康的な日常生活を送っていると、自然と脳内から適量が分泌されます。

 

しかし、日光不足や運動不足などの他、心が疲れて引きこもり状態になったり、過労でストレスを貯めていたりすると、セロトニンが不足してしまいます。

 

慢性的に不足する方には、選択的セロトニン再取込阻害薬という種類の薬剤が使われます。

 

日本では、この選択的セロトニン再取込阻害薬が、4種類(商品名は5種類)承認されているため、症状の度合いや体質などに合わせて、医師が処方します。

 

1950年代には、三環系抗うつ剤や四環系抗うつ剤が使用されていましたが、副作用が強いため、これらの薬剤は現在は一般的ではありません。

 

【最後に】セロトニンを効果的に増やすサプリはコレ!

セロトニンを効果的に増やすサプリメントも様々ありますが、特に最近人気なのが「潤睡ハーブ」というサプリメントです。

 

睡眠をサポートするサプリメントで、ストレスを改善するような成分も入っているので、効果的に改善できることも多いです。

 

キャンペーンページで最安値で購入できますし、返金保証も付いているので、試してみる価値は大いにあります。

 

▼キャンペーンページはこちら【返金保証付き】▼

セロトニン 増やす